副業

無在庫販売とは?本当に稼げる?仕入先からやり方まで徹底解説

こんにちわ!webサポータの佐藤杏奈です!

読者様は“無在庫販売”、という言葉を聞いたことはないでしょうか?

なぜ在庫を持たないのに商品の販売ができるのか、無在庫販売は本当に稼げるのかなど、気になることはたくさんあります。

今回は無在庫販売とは何なのか、本当に稼げるのかといった疑問から仕入れ先までを徹底的に解説していきます。

無在庫販売が気になる方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

無在庫販売とは? 

◎無在庫転売とは?

無在庫販売は無在庫転売とも呼ばれていて、簡単に言うと在庫がないのに商品を販売することです。

在庫管理をする必要がないので、在庫を保管しておく場所も人手も必要なく、手間と費用を省くことができます。

何より、売れない商品をずっと保管しておかなくてはならない、いわゆる不良在庫を抱える心配もありません。

初期費用がほとんどかからず始めることができ、物によっては梱包作業や発送作業も業者に任せることができるので副業やアルバイト感覚で始めることができるでしょう。

ただし、注文を受けてから商品を用意するという特性上、商品を発送するまでに時間がかかってしまうのが欠点といえるでしょう。

また、大量の注文を受けることが難しく、注文が入ったとしても仕入れ先に商品がなかった場合には注文をキャンセルしなくてはならなくなります。

・無在庫転売は違法?

気になるのは、無在庫販売が違法かどうかです。

先に結論から言ってしまうと、無在庫転売は違法ではありません。

ただし、リサイクル品や古着、古物などを扱う場合には、古物商許可がないと違法になるのでその点は注意しておきましょう。

とはいっても無在庫転売が違法でないというのは、あくまでも無在庫転売を取り締まるための法律がないためであって、場合によっては違法となることもあるので気を付けなくてはなりません。

・違法になる場合とは?

例えば高額商品を販売していて、在庫がなかった場合にはクレームを通り越して詐欺罪で訴えられる可能性もあります。

きちんとした対処ができなければ民事裁判や刑事裁判に発展する可能性もあるので、気を付けましょう。

そのほか、amazonやメルカリなどといった無在庫販売を原則禁止しているサイトを利用する場合、購入者からのクレームや通報でアカウントが停止になる場合があります。

それだけなら大きな問題にはならないですが、何度もアカウントを変えて無在庫転売を繰り返してしまうと悪質とみなされて訴えられることがあるので、注意が必要です。

無在庫転売が禁止されているサイト

一般に無在庫販売を行う場合には、まずどのような商品であれば売れるのかをリサーチする必要があります。

その上で自身のウェブサイトを立ち上げ、商品の販売を行います。

ただし、無在庫転売が禁止されているサイトも多くあるのでその点には注意が必要です。

とくにamazonやメルカリ、ヤフオクなどは無在庫転売が禁止されているので気を付けなければなりません。

こういったサイトではオーダーメイドの商品などを除いて基本的に手元に商品がない場合には、販売することができないのです。

とはいえ、規約をしっかり読むことで条件さえ守れるならamazonでも無在庫転売をすることはできます。

その場合、規約違反やアカウント停止などのリスクもあることを覚えておきましょう。

出品から出荷まで

◎出品から出荷例

➀まずは、どのような商品が売れるのかをリサーチする必要があります。

②商品を決めたら仕入れ先を見つけましょう。

③仕入先は在庫切れなどのトラブルを避けるためにも、複数確保しておくのがおすすめです。

④商品が売れたら、納品書を付けて出荷します。

手元に商品を一度取り寄せる場合には、商品に問題がないかどうかをきちんと確認しておきましょう。

・販売はウェブサイトで

無在庫転売をする場合、amazonなどのお手でもできなくはありませんがやはりリスクが高いと言わざるを得ません。

そのため、専用のウェブサイトを立ち上げるのがおすすめです。

商品の仕入れ先の選び方

無在庫転売をするためには、仕入れ先を確保しておく必要があります。

仕入れ先が一つだけでは、せっかく売れた商品の在庫がなくて用意ができず、注文をキャンセルすることになってしまったということがあり得ます。

そのため、仕入れ先は複数用意しておくことが無在庫転売のポイントです。

仕入れ先におすすめなのは、無在庫販売を許容していて慣れているところです。

とくに、卸問屋がおすすめです。ネットサイトでも卸問屋系のサイトがあるので、仕入れ先を探す場合はそちらを見てみるといいでしょう。

問屋の中には梱包から出荷までを請け負っているところもあるので、そういったところが手間がなくていいですが商品を直接自分で確認できないというリスクがあることを覚えておきましょう。

無在庫転売の注意点!

無在庫転売には、いくつかの注意点があります。

もしもamazonなどで無在庫転売をする場合には、規約や禁止事項などは破らないようにしましょう。

購入者に通報されれば、アカウント停止にもつながってしまいます。

そのほか、自身のウェブサイトであっても注意点はあるので詳しく見ていきましょう。

・注意点①商品には責任を持つ

無在庫販売は売れた商品が仕入れ先の在庫にない、というリスクがあります。

そのため、常に商品をチェックしておき、もしも商品がなかった場合には購入者に対してきちんとキャンセル処理を行う必要があります。

もしおろそかにしてしまうと、とくに高額商品の場合詐欺で訴えられることもあるので十分に注意しましょう。

・注意点②クレーム対応が必要

購入者から商品に関してのクレームがあった場合には、販売者である自身がすべての責任を負うことになります。

とくに無在庫販売は仕入れができず取引がキャンセルになるなどのトラブルが起きやすいので、クレーム対応をできないのであれば手を出すのは難しいでしょう。

・注意点③古物には手を出さない

よほどの上級者でない限り、リサイクル品やアンティーク、古物に手を出すのはやめておきましょう。

古物を販売するには許可証が必要ですし、商品の状態も判断が難しいからです。

また、新品であれば同じ商品を扱っている店もあるので一つのところで仕入れができなくても、別のところで仕入れできる場合があります。

その点古物やリサイクル用品はほとんどが一点ものなので、在庫が切れてしまっているとか割を見つけることができないからです。

また、商品の状態によってはトラブルが起きやすいのも、古物です。

クレームが来たとしても、別の商品に交換ということも難しいでしょう。

これらの理由から、少なくとも初心者のうちは古物に手を出すのはおすすめできません。

無在庫転売は稼げるのか?

無在庫転売は、結局のところ稼げるのかどうかというところが一番気になるところです。

無在庫転売は在庫管理のリスクがなく、初期費用もほとんどかからないため商品が売れれば、稼げるビジネスであるといえるでしょう。

最後にまとめ

もしもamazonなどで無在庫転売をする場合には、必ず利用規約を読み込み条件を整える必要があります。

条件さえきちんと守ることができれば、無在庫転売ができることもあるからです。

無在庫転売には大きなメリットがありますが、その分規約違反や大きなクレームにつながるリスクもあることを覚えておく必要があります。

売れた商品を必ず確保できるような仕入れ先を確保し、購入者とのトラブルにならないように商品に事前に発送までに日数がかかること、在庫状況によってはキャンセルもあるということを明記しておきましょう。

それでもトラブルになった場合には、誠意をもって謝ることも大切です。

無在庫転売をする場合には、メリットとデメリットをよく検討してからにしましょう。

佐藤 杏奈
佐藤 杏奈

最後に本気で副業などで稼ぎたいと思っている読者様が居ましたら、私が相談に乗ります!

相談等がある読者様は、私の公式LINEを追加してご連絡下さい!

もちろん、無料でご相談対応させていただきます。

以上、佐藤杏奈でした。

世の中に出回っている副業案件やネットビジネスオファーは、残念ながら稼げないものがほとんどです。

中には詐欺まがいの物も多く、被害者が後を絶ちません。

焦りは禁物です。まずは正しい情報を手に入れてください。

私はネットビジネスを始めて3年経ち、今では毎月100万円以上の収入を得ています。

私くらいの月収であれば、誰でも半年で目指すことができます。聞きたいこと・相談事などがあれば、お気軽にメッセージをください。

LINEでは毎日たくさんの方からメッセージをいただいています。

お金の相談や、ネットビジネスへの不安など、1人ひとり悩みや想いは違います。

私がアドバイスをさせていただき、ネット収入が増え、生活にゆとりができ、人生がプラスの方へ進んでいるという声を聞くと、みなさんと繋がることができて良かったと日々感じています。

まずは些細なことでも構いません。私を頼ってください。

副業コンサルティングの経験と、ネットビジネスの知識で、私がしっかりとサポートします。

こんな思いはありませんか?

・ネットビジネスで稼ぎたい

・1人で始めるのは不安

・苦しい生活から抜け出したい

・時間とお金にゆとりが欲しい

以前私もこのような想いを抱え、手助けしてくれる人がいたからこそ、今の私があります。

最初の一歩を踏み出したいという想いがある方は、友だち追加からどうぞ。

相談料・コンサル料は一切いただきませんのでご安心ください。